2012年 12月 31日

冬休み行状記 4 (2012年度末)/E・R・ジョンスン「シルヴァー・ストリート」

e0030187_18202377.jpg






click to enlarge


 E・R・ジョンスン「シルヴァー・ストリート」を読みながら年を越す
ことになりそうだ。

 ポン引き殺しの犯人を捜査する、やばい界隈育ちの刑事の物語。
それに刑事の恋愛話も絡み、主人公と汚辱の街の住人それぞれの
サイドストーリーが絡み合う。

 E・リチャード・ジョンスンの第一作であり、「アメリカ探偵作家
クラブ 最優秀新人賞受賞策!」と、帯に謳われている。
 「モンゴが帰ってきた」のスタイリッシュさの追求ぶりより、
こちらの方が素直で好もしいかもしれない。

 連続するポン引き殺しにやや恐怖を覚える、コールガール組織の
ボスが、稼業について改めて考える。
<ろくでもないアメリカは、ポン引きでさえ企業化した。組合を作る
 べきだ。コール・ガール・インコーポレイテッド、冗談じゃない。>
(p75下段)

 売春はすべての労働行為の基本原理である。パラフレーズすると、
どんな職種にも売春婦-ポン引きの構造が見える。

 古本屋に適用してみよう。古書組合に属していない古本屋は、いわば
街娼である。組合加入の古本屋は、協同組合化された娼婦であろうか。
ここまでは娼婦と客とは直取引の関係である。

 薔薇色の悪夢のインターネット社会が訪れた。二種類の娼婦は、直取引
だけでは立ち行かなくなり、ポン引きの必要性に迫られる。
 娼婦たちは<コール・ガール・インコーポレイテッド>である あまぞん組や、
らくてん組、むらさき組等に加入して客を得ようとする。
 身も蓋もない話だ。しょうもないことを考えながら、今年も終わっていく。

     (HPB 1978初 帯 VJ無)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2012-12-31 18:15 | 読書ノート | Comments(0)


<< 冬休み行状記 5 (2013年度初)      冬休み行状記 3 (2012年... >>