猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 09日

ウィリアム・マッキルヴァニー「夜を深く葬れ」2/3

e0030187_15281352.jpg









click to enlarge


 スコットランドが舞台のミステリというと、前に何か読んでいる。
ふーん、「花崗岩の街」と「黒と青」か。スチュアート・マクブライドと
イアン・ランキン。
 もちろん、検索して見つけたタイトルと作者名である。読み返せば
何がなし思い出すことであろう。

 ウィリアム・マッキルヴァニー「夜を深く葬れ」はと言えば、こんなに
比喩表現が続出するミステリは初めてだ。
 犯罪や犯人の心理を内在化して思考する主人公、レイドロウ警部に
ふさわしい文体であり、けして気障ったらしくならないところがいい。
つまり、必然性のある比喩の連続だ。

 気になるのは、下層階級やヤクザの話し言葉が、ステレオタイプに
日本語のスラングやヤクザ口調で翻訳されていることで、もう少し
抑えめに訳されていたら、とは思う。が、読み進んでいるうちに、まあ
いいか、となるのは感じのいいミステリだからだろう。

 早く読み終わらなくっちゃ。グレアム・グリーン「第三の男・落ちた
偶像」を見つけたので。

     (HPB 1979初 帯 VJ無)

1月10日に続く~





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-01-09 15:30 | 読書ノート | Comments(0)


<< ウィリアム・マッキルヴァニー「...      ヘンリ・セシル「あの手この手」読了 >>