2013年 01月 22日

ジョスリン・デイヴィー「花火と猫と提督」読了

e0030187_19441959.jpg






click to enlarge


 隔靴掻痒感は何に由来してるのか? 読者であるあたしの無知・無教養さ
加減に? 及び腰の翻訳者のせいで? あるいは原作自体が、いささかクサい
から?

 主人公はオクスフォードの、いえ、オクスフォドの哲学講師だから古典の
引用はお手のもの、周囲の人々も各国の大使館仲間で、みんな知的な人ばかり。
その上、全米労働組合の指導者はクローチェ(名前だけ知っている)の愛読者で、
若手警官は夜学で文学や人類学コースを取っている、と来る。

 いきおい、話は硬軟取り混ぜた知的な、文学的・哲学的な過程を通る。カクテル
パーティでは、ミッキー・スピレーンとエウリピーデスとの相似を検討し、花火の
催しでは、ソ連大使と主人公とがロシア語でプーシキンを暗唱し合うようなことも
起り・・・。

 喰えない主人公であり、スタイルを重んじる作者であるが、原作でもこんなに
もたついた感じはあるのかしら? わたしに知識がないから、訳者の親切な注釈に
いちいち立ち止まってしまって、物語の中に入り込めないのだろうか?

 悪くはなかったが、いまいちノレなかった。
 ところで、大使館勤務者は全員、スパイでもあるのかしら?

     (HPB 1958初)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-01-22 14:31 | 読書ノート | Comments(0)


<< 常盤新平さん      J・J・マリック「ギデオンの一... >>