猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 31日

谷克二「スペインの短い夏」読了

e0030187_213356.jpg









click to enlarge


 バレエの方のK夫人からお借りしたままだった谷克二「スペインの短い夏」を
やっと開く気になり読み終える。谷克二の愛読者とはいいがたいわたしだが、
この本はなかなか好みだった。

 フランコ政権末期のスペインを訪れた様々な日本人青年を主人公にする
短編集である。旅行者であったり写真家として仕事で訪れたり、立場は
異なるが、異邦人が当時のスペインと接触する様子が描かれる。

 独裁政権は、市民の反抗を押さえつけるために警察や軍の力__暴力を
必要とする。観光客は経済効果をもたらす存在として歓迎されるが、少しでも
内部の暴力に抵触するようなことがあれば、ためらいなく逮捕あるいは国外
追放措置がとられる。フランコの死が間近に感じられる時期になればなるほど、
暴力装置は強烈なものになる。主人公たちは暴力に否応なしに直面し、抗い、
逃走する。

 戦後処理にケリをつけることなく、目をつぶって経済繁栄路線を突っ走ってきた
ドブネズミ色の日本からやってきた青年に、スペインという光と影のコントラストの
強い現実がつきつけられる。彼らはめまいを起こしそうな日差しの中で決断を
迫られる。

 1986年初出の『風の神話』は、フランコ政権下の反逆児、"風"と呼ばれる
義賊を追う日本人カメラマンの物語だが、独裁政権下での自由の体現者に
対する彼の共感は、あの時代に共通してあった。それが自己の歴史を顧みない
独善的なものであったとしても、もっと深く沈潜したものであっても。

     (精興社エクセレントブックス 2011初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-01-31 14:32 | 読書ノート | Comments(0)


<< エリオット・ポール「最後に見た...      復活 >>