猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 07日

お師匠さんに「最後に見たパリ」をお勧めする

e0030187_1302147.jpg






click to enlarge


(2月6日から続く)

 お師匠さんがいらした。待ってました、とばかりにエリオット・
ポール「最後に見たパリ」(河出書房新社)の話をする。
 「明日か明後日、新宿に行くから『紀伊国屋』で買うよ」

 お師匠さんは仕事は引退されているが、今でも新宿三丁目までの
地下鉄定期券をお持ちだ。新宿ではなく、三丁目ってとこがミソ。

 ジョージ・オーウェル「パリ・ロンドン放浪記」が愛読書のミズ
Y・Sもきっと、「最後に見たパリ」はお好きだ。
 メグレ警視のパリを愛するF氏も気に入られることだろう。

 ああ、皆さんにお勧めしたい、2013年度のベスト3の一点だ。
ベスト1と言わないのは、鈴木創士氏の新著が出たときのために。





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2013-02-07 13:01 | 読書ノート | Comments(0)


<< フレッド・ヴァルガス「死者を起...      エリオット・ポール「最後に見た... >>