2013年 03月 28日

「クラッシュ」を少しブレイクしよう

e0030187_1332391.jpg









(~3月27日の続き)

 ロバート・ヴォーンなる衝突事故に魅入られた男の死の描写から始まり、
物語の語り手、TVCM制作者のバラードが事故を起こしてヴォーンと知り
合う過程が述べられてゆくのだが、読み疲れたのでブレイクを入れよう。

 「エナジー対話・第十八号・関西__谷崎潤一郎にそって」(エッソ・
スタンダード石油株式会社広報部 1981年)を読み出した。多田道太郎と
安田武の対談だ。

<一口に関西といっても、京都と大阪と、さらに神戸と、それぞれ文化圏と
 してかなり異質なものだ>(p4)と指摘がある。いわれてみればその通りで、
関西と聞くと、わたしの場合、大阪が頭に浮かぶ。京都と神戸は関西の
ジャンルではなく、それぞれに京都であり神戸である。この感じの違いは
何か。

 とかいいながら、今夜も寝床では「クラッシュ」するのだろう。ご苦労さん。

(3月30日へ続く)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-03-28 09:57 | 読書ノート | Comments(0)


<< J・G・バラード「クラッシュ」読了      J・G・バラード「クラッシュ」... >>