2013年 03月 31日

「エナジー対話・第十八号・関西__谷崎潤一郎にそって」もう少し

e0030187_16483783.jpg












 多田道太郎・安田武対談の第二回に当たるのだろうか、『(住い)の章・
楽園放浪』p48で、谷崎が住居のディテールに気を配ることについて
語り合っている。

 戦時中、熱海に移ったときの借家でも谷崎は庭造りする。芝を植え、京都
から紅枝垂をとりよせ、東屋をつくる。
 どの住いのときか不明だが、応接間の椅子カヴァを白にして失敗したという
手紙が残っている。

<多田:比喩で言えば、谷崎潤一郎という人はカトリック的ですね。ある思想を
 実現するのに、雰囲気とか装飾とかシンボルといったものを大事にする。装飾は
 要らない、神だけ拝むというプロテスタント的な思想の人じゃないわけです。

  安田:だからこそ、作品でも全体の構造、様式ということに、細心の注意を
 はらった。

  多田:文芸評論家をふくめて一般に、プロテスタント的なものへの理解はあるの
 だけれども、谷崎潤一郎のようなカトリック的な性格の芸術家には理解がない。

  安田:そうです。思想がない、という言い方で、あっさり截断してしまう。

  多田:家の中のインテリアを考えること自体、ひとつの思想であることに、
 気がつかない人が多いんだな。

  安田:様式はそれ自体が思想だということにね......。それに気がついたのは、
 批評家としては伊藤整。例の「認識者と求道者」という考え方には、少なくとも
 そういう思想の端緒がかくされていますよ。>

 こういうところはピンとくるけれど、四回目か、『(芸)の章・地唄礼讃』の音曲の
話になるとお手上げだ。邦楽をまるで知らないから、しかたないのだけれど。

     (エッソ・スタンダード石油株式会社広報部 1981年)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-03-31 16:50 | 読書ノート | Comments(0)


<< 明治神宮/杉並区和田      J・G・バラード「クラッシュ」読了 >>