2005年 11月 28日

たまたま当店を見つけて下さった方が

本と印刷物がお好きだと仰る。「友人がやっています」と、京橋の文房具屋さん__
いや、stationery shop と呼んだ方がこの場合 相応しい __POSTALCO
教えて下さった。

 ご覧の通り 素敵な品揃えだ。インターネットで世界がつながるのではなく、郵便で
世界中つながっているというコンセプトからして素晴らしい。だって情報は整理した
結果であって、たとえ四六時中PCに向かっていたとしても、周囲を見渡せば具体的な
時空間ではありませんか? アナログな感覚を忘れ去るとろくでもない現実しか
作れないんじゃないかと、PCが身にそぐわない旧人類は思う。

 実をいえばメールも嫌いじゃなくなっているけれど、郵便屋さんから手紙や絵葉書を
手渡される喜びは、やっぱり持ち続けたい。「癒し」とかいう いやらしいセンスは拒否
しますが、具体性・身体性は意識していたいのです。



お手数ですが、クリックをお願いいたします。
本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2005-11-28 17:33 | 雑録 | Comments(2)
Commented by orangepeel at 2005-12-07 21:25 x
POSTALCO、すてきなお店ですね。
こんどぜひおとずれてみたいです。

レターセットや手帳やカードなど、うつくしい紙ものをみつけると、
つい手元においておきたくなるのですが、
悪筆のため、あまり利用する機会がありません(笑)。

でも、インターネットがすべて、みたいな風潮は私も疑問におもいます。
顔もしらないひとのブログや、
いちどしか会ったことのないひとからのメールを読んでいると、
ときどき何かもやもやしたものが脳みそに浸食してきます。
Commented by byogakudo at 2005-12-10 13:14
京橋に行きたしと思へど、なかなかチャンスがありませんが、
いつか行かなくっちゃと思っています。(でもお正月は閉まってる
のですよね、残念ながら)。

わたしはインターネットと聞くと、ドアも窓も開けっ放しの部屋で
眠っている状態が頭に浮かびます。極端な想像ですが。
でも実体験もネット上のできごと体験も、どちらも同じ脳内処理の
結果みたいなことを言われると、やっぱり それは違うと言いたく
なります。野蛮人と言われたって、やっぱり違うものです。


<< 「季節の記憶」読了      「季節の記憶」 >>