猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 13日

「山田風太郎妖異小説コレクション 地獄太夫 初期短篇集」読了

e0030187_2032677.jpg












 先週は失礼しました。今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄 


 温度変化の激しい、こんな季節のせいなのか、本が読めない。
特に短篇小説が入りにくくって困る。長篇なら、入ってしまえば
小説の速度と読む速度とがいつの間にか一致して、ときには
読む速さの方が先走る、などということもあるけれど、こんなに
短篇が苦手になったのは、初めての経験だ。ミステリじゃない
ものを読みたがっているのかもしれない。

 うだうだと読んできた「山田風太郎妖異小説コレクション 地獄太夫
初期短篇集」だが、最後の『一、二、三!』が最高だ。

 彰義隊稗史の一種で、肥だめに落ちた(!)ことから妙に剣の
腕を上げ、ファナティックに官軍殺しと内ゲバをくり返す、文字通り、
糞真面目な男の話。

 本人は真剣・深刻に大義を奉じての殺人だけれど、土壇場に追いつめられた
ときでさえ、彼は肥だめに落ちる。あまりの臭さに仲間も、悪いけれど、別の
場所で切腹してくれないかと頼むほど。

 なんともいえない悲喜劇だ。第二次大戦末期の日本軍と日本人の愚かさを
自身の問題として、内部でとらえ直した山田風太郎ならではの怪傑作だ。
 戦争文学は、かくも相対化された。

 初出は「小説現代」昭和38(1963)年7月号。1970年代の浅間山荘
事件を予言したとも言えるが、ひとは決して歴史に学ばない、という
事実の言明かもしれない。

     (徳間文庫2003初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-04-13 14:31 | 読書ノート | Comments(0)


<< 吉田健一「東京の昔」を再読しよう      ドーモ・アラベスカ >>