猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 18日

伊藤整「誘惑」読了

e0030187_206236.jpg












 お客さまから伊藤整「日本文壇史」はないかと聞かれて、
思い出した1冊。読んでるような気もする。もし獅子文六に
銀座で画廊を開く話がなかったら、これは既読本だ。

 獅子文六が書きそうなプチブル家庭の物語で、どうせ覚えて
いないから、再読も初読もありやしないが。

 銀座・並木通りに洋品店を営む父55歳と、24歳の娘。妻で
あり母である女性は一年前に病死した。昭和32(1957)年ころ
だと、結婚適齢期という観念があまねく日本を覆っていたので、
娘はもう真剣に結婚相手を探さなければならない。

 彼女は豊かな家の娘なので、料理教室や前衛生け花教室に通い
ながら表向きは悠然と、内心、切実に結婚相手を探している。

 アプレゲールな彼女は、ちゃっかり、パパに生命保険をもっと掛けて
ほしいと頼むようなお嬢さんだが、父は、娘と同じようにしっかり者
だった妻を思い出させるので、いやがりはしない。
 彼もまた再婚したら、させたらと、周囲から思われている。

 父と娘の二つの結婚をめぐるコメディであり、高度経済成長へと
向かう時期の風俗小説でもある。
 
 自宅は赤坂、麻布辺りの岡の斜面にある和風の二階建て。<庭は十坪
ほどしかない>とあるが、敷地全体で何坪だろう? 今なら大豪邸と
言われる。
 並木通りの店には地下鉄で行くが、店の二階を画廊に改装中であり、
娘と前衛生け花の仲間たちは、そこを安く借りて絵描きグループとの
共同展覧会をやりたいと目論む。

 画廊のオープニングパーティには、父の昔の絵描き仲間、今は画壇の
大家たちが来てくれる。いわく、<森猛><西郷赤児>。彼らの伝手で
<鹿鬼之助><大林大作><蟹原木之助><吹沢二郎>たちも開いた
ばかりの画廊に出品してくれる。
 大林大作と吹沢二郎が、誰をもじった名前なのか解らない。

 リアルな風俗を描き続けながら、後半はファンタジーになる。父と娘の
周囲にいる、醜いアヒルの子視されていた男女が、白鳥だったことが
明かされたり、二代に渡る愛情の交換が実現されたりしても、ちっとも
無理な展開でないところがいい。
 ああ、シェイクスピア、読むべきだ、あたし。

     (角川文庫 1964再 帯)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-04-18 14:54 | 読書ノート | Comments(0)


<< 混雑中      吉田健一「東京の昔」/クリスチ... >>