猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 14日

コレット「シェリの最後」半分強

e0030187_21482921.jpg












 「シェリの最後」の時代は、のどかなベルエポックも過ぎ去った
1920年代である。

 前作では、ほとんど何も考えない美青年だったシェリも30歳近い。
第一次大戦に従軍し、身体は無傷で戻ってくるが、心はますます
空っぽだ。自分が空っぽであるのが、やっと自覚できるようになった、
というべきか。

 彼は以前にも増してお金持ち。影が薄かった若い妻は、今では米軍
指導の病院の仕事に張り切っているし、がめつい母親は、相変わらず
利殖の道に邁進して、プルー家の財政はますます豊か。シェリは何も
することがない。

 隣にいた戦友が榴散弾にやられ、シェリは勲章をもらって、彼の思い
とは無関係に戦争の英雄として復員してきた。今なら彼の状態はPTSD
である。当時の言い方だとシェル・ショックか。うつけている。

 誰も彼も戦後復興機運に駆られ、金儲けに忙しい。途方に暮れた男の
面倒まで見てられない。「だって、君は金持ちなんだから、金持ちらしく
ゆっくり過ごしてればいいじゃないか」

 第一次大戦後の変わってしまったパリを、シェリはさまよう。絶望の深さを
彼は、どれくらい知っていたのか。
 かつて愛してくれた、そして彼が捨てたレアに会いに行く、という致命的な
ミスを犯す。うつくしかった、だらしない様子をけして見せなかったレアは
年老い、老いの安楽さの中に埋没している。

 老いの描写が無惨である。
<広い背中、彼の母親と同じようにカットした灰色のこわい髪のしたの
 ざらざらした脂肪のたるみがシェリの目に入った。>(p90)

< レアが怪物じみているというのではなかった。しかしとにかく大きくて
 身体のあらゆる部分にたっぷりと肉がついていた。丸々とした腿(もも)の
 ような腕は、脇の下の肉づきが邪魔してか、腰からはなれているのだった。
 無地のスカートにこれといった特徴のない長い上着、その合わせから下着の
 胸飾りがのぞいており、自然のなりゆきで女らしさが放棄され収縮していった
 いきさつと、性とは無縁になった女の威厳のようなものを語っているように
 思われた。>(p92)

 ベルエポック期のレースや襞で覆われた優雅なドレスの時代ではない。
機能的でシンプルなスタイルが女性モードの主流となり、髷を結う手間の
要らないショートカット、老いも若きも近代的なファッションを身にまとう。
 風俗が精神の変化と呼応しているのが、よくわかる。近代は1920年代に
始まる。

     (岩波文庫 1994初 J)

(5月19日に続く)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-05-14 14:47 | 読書ノート | Comments(0)


<< Terrain vague(曖...      ダニエル・ファーソン「フランシ... >>