2013年 05月 30日

横田順彌「奇想天外殺人事件」もうすぐ読了

e0030187_14374837.jpg












 もうすぐ読み終わるのなら、全部読んでから書けばよさそうだが、
どこまで行っても、難問題を抱えた警視庁捜査一課の真暮(まぐれ)
警部が、私立探偵・早乙女(さおとめ)ボンド之介を訪ねて、ダジャレの
交換をしながら、無茶苦茶な解決に至るパターンは崩れないだろうから、
どこで感想を述べようと同じであろう。

 グラシン紙ラッパーのかけ方から、お師匠さんが読まれた本だとわかる。
 彼のラッパー作りは、まずジャケットを外し、広く取ったグラシン紙で
ジャケット全体を覆い、再び本に着装する。糊付けなし。ジャケット袖より
長くグラシン紙がかかっているので、袖がヤケることはない。
 もうひとつのやり方は、袖の天地を軽く糊付けし、折り返し部分が表紙の
裏と表に交互に出る。背表紙の重なりはカットして一重にする。
 (う? ほんとにそうだったかしら? 明後日にも確認しよう。)

 不肖の弟子のやり方は、特に文庫本の場合、いじましくけちくさい。
 グラシン紙の残りを漁って、天地の被せ目に6~7mm余裕があり、袖を
覆う部分が長い切れ端を見つけたら、作業開始。ともすれば表に出たがる
天や地の端っこを無理矢理折り曲げて、背の部分に押し込み、袖の長さで
折り返しの不足を補って糊付け。(昔も書いたことがある話だ。)
 何もこんなことに器用さを発揮しなくてもよさそうだけれど、器用なのは
ここしかない。あとはことごとく不調法だ。冊子小包の話も書きたくなったが、
余談が続きすぎた。元に戻ろう。

 ダジャレの応酬と余談だけで物語が進行するSFミステリだ。スタイリッシュ
とは言わないが、スタイルがあるので読んでられるのだろう。

 ダジャレはあんまり好きではないけれど、「週刊ポスト」の高田文夫のコラムに
あったダジャレがよかった。<ゴホンといえば紀伊国屋>。

     (講談社文庫 1987初 フェア帯 J)





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2013-05-30 14:37 | 読書ノート | Comments(0)


<< the life withou...      フィリップ・K・ディック「アン... >>