猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 04日

「わが切抜帖より/昔の東京」「銀座細見」

~12月3日より続く

 昨日の続きです。

 人見幸子(ひとみ・さちこ)は蒲田の女優になったりしたが、
<最後には直木(三十五)氏の知つて居る或る家に厄介になつて居た。> 
 彼女が初めて三十五に会ったとき、
<彼女は直木氏の顔を見ると、挨拶もしないでイキナリ云つたものだ。
「オ前さん、変り者だつてネ、それぢや世間は通らないよ」>

 幾つなのかどちらの本にも記されていないが、彼女は失恋自殺する。晩年?の
彼女について永井龍男から引用します。

 京橋・木挽町の花柳地に、和風三階建ての文藝春秋倶楽部があり、直木三十五が
<拾ってきた>若い女性たちが寝泊まりしていたが、

<この直木さんが「拾ってきた」女の一人が、提供されたここの三階の部屋で服毒
自殺を遂げ、大きく三面記事になってわれわれを驚かせたこともある。岡山あたりの
素封家の娘で、家出後は東京を転々としたらしく、最後は銀座のサロン春という
カフェーの女給をしていたが、家からの仕送りもあって奔放に暮し、当時流行歌の
作詞家として高名だった某詩人のほか数人の関係者があり、その上かげに銀座を
縄張りにしたボスのひもがついているという訳で、死後妊娠していることが判った。
 昭和元禄などというが、昭和十年頃の世相は、大正自由主義とでもいった気風が
爛熟し、とくに享楽的な面では現代と非常によく似たところがあった。>


 やっぱり安藤更生が好き! 「銀座細見」中の「女給篇」からも少し書き抜いて
おきたい。

<女給は解放期に向かつて居る日本女性にとつての一つの重要な職業である。・・・
女性の経済的独立といふ必要から見れば、これは重要な位置にある新職業である。
今の一般女性の教養と社会的地位からいへば、女給は一番たやすく出来る仕事だし、
就職の機会も多く、且つ比較的多くの収入を得ることが出来る商売である。昔は女が
自分の力で金を得ようとすれば、自分の体を売るより仕方がなかつた。今でも多くの
女はそれをしている。__例へ結婚といふ美名にかくれてはいても__。>

「銀座細見」 安藤更生 春陽堂 31初。(中公文庫版が探しやすいでしょう)。
「わが切抜帖より/昔の東京」 永井龍男 講談社文芸文庫 91初帯。


本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2005-12-04 16:14 | 読書ノート | Comments(0)


<< 訂正なぞ      「銀座細見」「わが切抜帖より/... >>