2013年 08月 11日

レックス・スタウト「黄金の蜘蛛」読了

e0030187_1646519.jpg












 ずいぶん久しぶりのレックス・スタウトだ。これは読んでないと確信(?)
したが、その通りだった。

 アメリカのミステリ作家にしては落ち着いてる印象なのは、どこから来る
のだろう? ギャグも入るし、活劇風の場面だってあるのに、むしろブラウン
神父シリーズに近いヒューマーを感じたりする。長篇なのに。

 名探偵の推理と捜査活動とが、ネロ・ウルフとその手足となって行動する
アーチー・グッドウインとに分かれているのが、もしかしたらその原因かも、
と思う。

 物語を記述するのは手足であるアーチー・グッドウイン、しかし彼の行動は
ほぼすべて頭脳であるネロ・ウルフの指示に沿っている。この分離した距離感に
よって落ち着きがもたらされているのではないかしら。
 ネロ・ウルフとアーチー・グッドウインは、ふたりでひとり、だから彼らの
会話は、ひとりでボケとツッコミをやっているようにも思える。一個人を客観的に
外部から見た記述と、内面視する記述とが混在しているように感じられる。

 ギャグを強迫観念的にしつこく入れないし、アクションシーンも一度
あるくらい。淡々と記述され、大人っぽさが印象づけられる。かな?

     (HPB 1956初 VJ無)





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2013-08-11 10:47 | 読書ノート | Comments(0)


<< 買っちゃった!      小林信彦「怪人オヨヨ大統領」読了 >>