猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 07日

「ラテンアメリカ怪談集」

(鼓直編 河出文庫 90初)を持って帰り、フエンテス「トラクトカツィネ」(「アウラ」
の母体ともいうべき、とある)を読みながら眠る。「アウラ」は寝る前には不適当
だが、こちらは あまり切迫感が強くないから大丈夫だった。

 でも、今読みたいのはこれでもないような気がして、では何かと言うと解らない。
あきらめて「日常・共同体・アイロニー」でも読む? 現代思想痴だから、少し
読んどいた方が良くはないかと思うけれど、どうだろう? 女子供用軟派読み物
主義者としては、読み飛ばすことになりそうだが。

 寒くて静かな日。


本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2005-12-07 17:39 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「日常・共同体・アイロニー」      「金田一耕助の冒険」 >>