2013年 10月 21日

さあ、次もF・W・クロフツ、「スターベル事件」だ。

e0030187_2041776.jpg












 クロフツを続けて読んでしまおうと思い、帰りのバスの暗い照明の下、
黄ばんで読みづらい「スターベル事件」を開き、目次を眺める。
 最後は江戸川乱歩の解説だが、その前に、<アンクル・アブナー   
M・D・ポースト>とある。

 表紙にも背表紙にも裏表紙の作品概要にも、ポーストの短篇を含む、
とはひと言も書かれていない。どういうことだろう?
 乱歩の解説を走り読みしてもクロフツのことしか書いてない。1954年
刊行のHPBだから、こういうこともあるのかしら? 「スターベル事件」
だけでは薄い本になるから、ついでに他の作家の短篇をひとつ入れちゃえ、
とか?
 でも、クロフツは短篇も書いているのだから、それを入れればよさそうな
ものを。

 「スターベル事件」を全部読んで、続けて「アンクル・アブナー」を
読めば、なぜこれを編入(?)したのか、理由がわかるかしら。
 (あんまり期待できないな。)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-10-21 20:42 | 読書ノート | Comments(0)


<< もやもやと      F・W・クロフツ「チェイン氏の... >>