猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 08日

「日常・共同体・アイロニー」

e0030187_13334185.jpg








をハードSFや長篇探偵小説のノリで読むことにした。すなわち、解らないところは
速やかにすっ飛ばし、時間をかけると登場人物やできごと・伏線を忘れてしまうから
ともかく速く読む方法で。

 現代思想ではなく社会学系のひとなのか、宮台真司は。(現代思想のひとって、
あれでしょ、ジャーゴンをどれだけ駆使できるか 競い合う秘教集団に属してる、
付合う気になれないオタクのことだと理解しているのですが。)

 社会学は社会学で、あの向日性に付いて行けない部分があるけれど、今のところ、
何とか2/3まで漕ぎつけた。ノリと勢いで読んじゃおう、どれほど理解したかは
この際問わない。ここで用いられている「アイロニー」は、わたしの言い方だと
「距離」とか「ヒューマー」のことらしいとか、パラフレーズできるものは
置換えながら。

 写真の左隅に映っているのが当店。今年も果てるのです。

本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2005-12-08 13:34 | 読書ノート | Comments(0)


<< 浴室大作戦      「ラテンアメリカ怪談集」 >>