猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 14日

ハロルド・Q・マスル「わたしを深く埋めて」を読み出す

e0030187_15255063.jpg












 写真は、部屋の近所の聖家族。こちらを見上げている猫は、
望月峯太郎が描く漫画に出てきそうだ。


 蜃気楼のような、ときどき無声映画を見ているようなJ・G・
バラードから一変して、軽快さがウリのハロルド・Q・マスル。
しかし「わたしを深く埋めて」って、若尾文子主演映画みたいだ。
あれは「私を深く埋めて」ですか。
 砧一郎・訳の「わたしを深く埋めて」が1962年、映画は1963年
だから、映画の方がタイトルを頂いたのだろう。

 マイアミにうんざりして予定より一週間早くニューヨークに戻って
きた弁護士、スカット・ジョーダンが、いきなりブロンド殺しの犯人と
目されてしまう。彼女は、ある夫婦がほぼ同時に死亡した交通事故の
目撃者だった。
 夫が先に死んだか、妻が先かで遺産の行方が違ってくる。ブロンドは
どちらの遺族が彼女の証言を高く買ってくれるかで、証言内容を変えよう
としていた。そりゃあ、殺されもする。
 ここまでで1/3強、半分弱。まあ、あとはさっさと展開するだろう。

     (HPB 1962初 VJ無)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-11-14 15:25 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「俺が法律だ!」      J・G・バラード「燃える世界」... >>