猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 17日

ハロルド・Q・マスル「わたしを深く埋めて」読了

e0030187_16453517.jpg












 これが長篇第一作だそうで、前に読んだ作品で好きになった
女丈夫秘書、キャシディはただ秘書の仕事をするだけ。あまり
見せ場がない。

 スカット・ジョーダン弁護士は、お金持ちで性格がよく、機転が
きき、家庭的__冷凍食品や缶詰ですてきなディナーが作れる__
な若い女性と結婚するかと思わせる展開だが、他の小説では未婚の
ままなので、毎回、恋愛するというパターン設定なのだろう。

 遺産がらみの事件で、ブロンド殺しに続き、ジョーダン弁護士が
狙われる。彼の友人がまちがえられて殺されと、事態は輻湊する。
 粗筋でも紹介すればいいのだろうが、どうでもいいことに引っかかる
質だ。今回は久しぶりの「特許擬革(パテント・レザー)」が目に入る。

 初めて目にしたのは角川文庫版「グレイト・ギャツビー」。まだ
「華麗なるギャツビー」になる前の翻訳で、タイトルも「グレイト・
ギャツビー」だったかどうか。何か叙情的な題名だったかもしれない。
 それはともかく、ギャツビーではない他の男の履く靴が、<製法特許の
革靴>で、原文を読まないでも、エナメルの靴ね、とわかった。

 「わたしを深く埋めて」が訳されたのが1962年だから、50年代から
60年代にかけては、パテント・レザーに即、特許皮革と反応した、という
ことであろう。
 「わたしを深く埋めて」では、
<ペッタリとなでつけた髪を特許擬革(パテント・レザー)のように
 光らせた。[注: ママ]あごのない、退屈そうな帳場の係員は、ぼくに
 顔をあげもしなかった。>(p228下段)

 誤訳をあげつらおうというのではない。愛嬌があっていいではないか。
時代背景のある楽しい誤訳だ。以前にも書いたけれど、70年初めころ
まではアメリカ文明の産物がそれほど入っていなかったので、「薄様紙」
に「ティッシュ・ペイパー」とルビされていたと、遠い記憶が言う。

     (HPB 1962初 VJ無)

(一部、11月19日に続く~)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-11-17 16:46 | 読書ノート | Comments(0)


<< ロバート・バーナード「芝居がか...      「俺が法律だ!」 >>