猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 28日

鈴木創士「文楽かんげき日誌 第5回 素人は入門などしない」/エド・マクベイン「警官嫌い」読了

e0030187_20585870.jpg












 「彼女たちにはわからない」し、「俺たちに明日はない」ので、
「素人は入門などしない」。いいタイトルだ。本文も、もちろん
すてきです。

 ジュリアン・シモンズ「犯罪の進行」の合間にエド・マクベイン
「警官嫌い」を読んだ。カート・キャノン・シリーズは読んだ
ことがあるが、いや、あれは都筑道夫のパスティーシュだった
かもしれない、あまり馴染みのないエド・マクベインだ。

 発表時には斬新なプロローグだったであろう、映画的な始まり方
をする。カメラが大都会を上から見下ろし、急速にパンして室内に
入り、起き上がろうとしている男を捉える、そんなオープニングだ。
 映画「ウェストサイド物語」も同じような始まり方をしていたが、
1950年代から60年代に流行ったドキュメンタリ・タッチだ。小さな
物語の背後には、大きな物語が存在している。

 そこだけ興味がもてたけれど、あとは...いくらシリーズ化を見据えた
第一作だからって、87分署のメンバーを三人も殺しちゃうのは乱暴だし、
主人公の恋人を唖者に設定してあるのも、読者をびっくりさせようという
効果にしか思えないのは、原作発表(1956年)から歳月が経ち、こちらが
悪くスレてる時代に生きてるからかしら。
 もっと時間が経って古雅な(?)趣きが出てくる日まで、読むのを待てば
よかったのかな。

     (HPB 1959初 VJ無)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-11-28 14:08 | 読書ノート | Comments(0)


<< ニコラス・ブレイク「旅人の首」...      鈴木博美・山本一語「Ms.cr... >>