猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 30日

ニコラス・ブレイク「旅人の首」読了 他

e0030187_14333685.jpg












 今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄

(~11月21日の続き)

 ニコラス・ブレイクと言っても「野獣死すべし」も読んでないし、
まず真っ先にダニエル・デイ・ルイスのお父さんと思ってしまう、
非文学的な頭で申訳ない。

 そう、とても文学的なミステリだと思う。謎の解明が不自然でなく
進行する本格派というのは、なかなかできないことだ。登場人物
たちもエキセントリックではあっても、本格ミステリにありがちな
記号的人物ではないし、名探偵が真相を公表するのをためらう
エンディングも結構である。うつくしい館が首なし死体事件の捜査に
つれて、不穏な存在感を増していくのも通奏低音的に響く。
 なのに、どうも楽しく読めなかったのは、こちらの非文学性にあるの
だろうか。

 いや、ひとつ聞き捨てならない箇所があったっけ。文学的に見て
どうかと思うシーンがあった。若い女性画家が子どものとき、身近な
男に性的関係を強要された記憶をよみがえらせる場面だが、あくどく
書くべきでないと判断したのだろうが、彼女のトラウマを俗流フロイディズム
でもって簡単に処理してしまうのは、引っかかる。あっさり片をつけないと
物語の流れが滞るのはわかるけれど、これまでの文学的な基調を裏切る
ことにならないか。

     (HPB 2003再 帯 VJ無)

 ギャビン・ライアル「本番台本」を読み始めていながら、森本哲郎
「懐かしい『東京』を歩く」(PHP文庫 2005初 J)に手を出した。
 森本哲郎は豊島区巣鴨に生れ、生後すぐに豊多摩郡中野町雑色
(ぞうしき)430番地、現在の中野区南台に移ったという。ご近所が
たくさん出てくるので、つい読み出した。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-11-30 14:31 | 読書ノート | Comments(0)


<< 森本哲郎「懐かしい『東京』を歩...      鈴木創士「文楽かんげき日誌 第... >>