2013年 12月 25日

ロバート・バーナード「作家の妻の死」読了

e0030187_1036511.jpg












 11月に読んで以来のロバート・バーナードだが、こちらの方が
好きかしら。

 D・H・ロレンスとアラン・シリトーの間をつなぐような、1930
年代の労働者階級出身の作家、ウォルター・メイチンは戦後すぐ
死亡し、忘れられていたが、80年代も近くなって復活の兆しを
見せる。

 アメリカ人の研究者は、彼の前妻と後妻が同居する家に日参
して原稿や手紙の研究を重ねる。メイチン研究の第一人者になり、
帰国後は学会の大物になろうと野望に燃える。

 遺言書で、前妻が原稿類を所有し、後妻が版権を所有している
ので、老女ふたりは協議し、そりは合わないが怨讐を越えて同居
している。亡夫の著作の復刊や遺作の刊行が話題になり、今度は
かなりの印税に恵まれそうである。子どもたちも、おこぼれに
目を光らせる。

 家の周りにはロンドン大手紙の記者たちも集まり、スクープを
物せんと狙っている。

 口の悪い前妻と仲良しの主人公、若い教師であるグレッグ・ホッキングと
その女友だちを除く、登場人物ほぼ全員、野心に燃えたり、嫌みな人柄だ。
 クリスティ風に村のうわさ話が乱舞する中、老女ふたりの住む家で火事が
起り、前妻が死亡する。火事の際、あわてて怪我をして煙に巻かれた事故死
とされるが、グレッグ・ホッキングは納得できず、独自の調査を進める。

 ホッキングにしても小者観たっぷりだし、登場人物のいい加減さや感じの
悪さが遠慮なく描かれるけれど、完全な人間なんていやしないのだと、
作者は明るく肯定する。ここらもクリスティ風味である。

     (HPB 1983初 帯 VJ無)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-12-25 10:37 | 読書ノート | Comments(0)


<< ギャビン・ライアル「拳銃を持つ...      ギャビン・ライアル「本番台本」読了 >>