2014年 01月 18日

岡本綺堂「岡本綺堂読物集・四 探偵夜話」読了

e0030187_145519.jpg












 むかし読んだ光文社文庫版、綺堂・怪談集になかった短篇が読めるので
手に入れたが、それほど面白がれなくて(むろん悪くはなかったけれど)、
少し残念だ。

 単行本未収載の二篇は、あまり楽しくなかったし、『火薬庫』は覚えて
いる、『医師の家』も覚えていた。近年読んだものと違って、まだ若い頃に
読んだ本は覚えているらしい。今では薄い記憶の上にさらに薄い記憶を上書き
するような塩梅なので、どうにも淡白な記憶しか持てない。
 
 「岡本綺堂読物集・五」は「古今探偵十話」とあるが、これにも単行本
だけの短篇が収められるようで、やっぱり買って読むのだろう。

 近頃の出版物のジャケットが、単行本、文庫本を問わず、漫画風のイラスト
レーション使用なのが、やっぱり馴染めない。キャッチーであるというのは、
違う方法で可能だと思う。

     (中公文庫 2013初 帯 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-01-18 14:05 | 読書ノート | Comments(0)


<< トマス・チャステイン「マンハッ...      選ばれるのは一人 >>