2014年 01月 29日

鈴木創士「文楽かんげき日誌 第6回 六波羅秘密の記」/トマス・チャステイン「ダイヤル911」読了

e0030187_15192213.jpg












 鈴木創士氏、2014年1月の文楽かんげき日誌は六波羅秘密の記
 凛とした遊女・阿古屋の物語にふさわしい、ですます体で
書かれた__鈴木氏の「ですます体」を拝見するのは初めて
__優雅でシャープな不特定秘密保護法批判(いやみ、しっかり)
でもある。


(~01月28日の続き)

 冬のニューヨークを混乱に陥れた爆破狂事件で活躍するのが、
爆発物捜査班のジョン・タイナン。ガソリンタンクに爆弾がしかけ
られたトラックを、限られた時間内に爆発しても安全な場所まで
運転したり、大活躍だが、忙中閑あり? やがて結婚することに
なる美女とのデートはホテルでのメル・トーメ公演だ。

 メル・トーメ、なつかしい。十代のころ好きで、レコードを一枚
買ったのがこれ、Mel Tormé Sings Fred Astaire
 Mary Ann McCall "Detour to the Moon" のレコード(復刻版)も
失っちゃった。中野新橋ジニアスに行けば聴けるはずだけれど。

     (HPB 1978初 帯 VJ無)





..... Ads by Excite .......
[PR]

by byogakudo | 2014-01-29 14:58 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「モレルの発明」みたい?      トマス・チャステイン「ダイヤル... >>