猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 13日

「俺は憲法より上だ!」


 馬鹿につける薬はない。馬鹿で気狂いだったら尚更ない。
安倍晋三とその一味徒党を正常に戻す薬などない。洗脳
だの強制収容所だのは最終手段であって、まず話しかける
ことから始めるしかないのだが、なにしろ凝り固まった
気狂い揃い。耳に入らないだろう。

<安倍晋三は、集団的自衛権の行使を認める憲法解釈の
 変更をめぐり「(政府の)最高責任者は私だ。政府の答弁に
 私が責任を持って、その上で選挙で審判を受ける」と述べた。>
(東京新聞2014年2月13日朝刊より抜粋)

 国家権力を縛る憲法なんて意に介さないぞ、と言っている。
国民は知らないかもしれないが、俺は事実上のクーデタ政権の
トップにいる、だから何でも好きなようにやるぞと宣言している。
 いいのか、こんな馬鹿で気狂いをほっといて。

 馬鹿だけだったら、他者の蔑む視線を感じて馬鹿を晒さないよう
少しは気をつける可能性があるが、それに気狂いが具わっている
から傍若無人。みなさまのNHK経営委員会の三馬鹿大将どもは、
或はすまんとひと言、或は言いたいことを言って何が悪いと開き直り、
都知事になった男は25年前の<「女は生理の時ノーマルじゃない。
政治に向かない」>発言に関して、<「記憶にないが、全部取り消して
いただきたい」>だと。
 不特定秘密保護法施行に向う連中の顔ぶれも...。言葉を失うような
2014年度の日本だ。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-02-13 13:28 | 雑録 | Comments(1)
Commented by saheizi-inokori at 2014-02-13 22:11
出来の悪い漫画かと思えば現実だということが信じられない日々です。
野党・メデイアはなにをしているのか!


<< マイクル・コリンズ「恐怖の掟」...      ギャビン・ライアル「ちがった空」読了 >>