2014年 03月 05日

鈴木創士氏のコラム「第48回 映画館から出るといつも裸足だった」/「ザ・中島らも らもとの三十五光年」

e0030187_1224540.jpg












 3月の鈴木創士氏の現代思潮新社コラムは、
「第48回 映画館から出るといつも裸足だった」
 ピエール・クレマンティの自伝から引用されているが、
どこか、翻訳を出してくれないだろうか。映画本はいま
あんまり人気がないだろうし、クレマンティも大スターと
いうわけでもないが、自伝に出てくる映画監督が錚々たる
ものだそうなので、そこを売りにして...、お願いします!

 単行本「中島らも烈伝」が「ザ・中島らも らもとの
三十五光年」と改題されて文庫で出た。
 単行本にはモノクローム写真が多数収められていたが、
文庫版にはジャケットの一枚(中島らもと鈴木創士氏が
並んで坐っている写真)だけ。70年代の色あせたカラーの
色調が切ない。
 夢の中では、ひとは30歳くらいのままだ。いま鈴木氏と
会って喋っていても、見ているのは、初めて会った鈴木氏
25、6歳の顔なのは、わたしが時間の外にいるからなのか、
時間の内部に閉じこめられているからか。

 写真が一枚の代わりに、他の要素が加わる。音感の良さ・
正しさがすばらしい鈴木氏の『中島らも一千一秒 前書きに
かえて』や『死後の生』、「ユリイカ」2008年2月号での
『砂漠のスカラベ 丹生谷貴志との対談』と、小さく豊かな
文庫版だ。

     (河出文庫 2014初 帯 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-03-05 12:24 | 読書ノート | Comments(0)


<< ジェイムズ・マンロー「死を売り...      小皇帝たちへ >>