猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 06日

こわれる

e0030187_113526.jpg












 ふたりとも、あまりモノをなくしたり(Sはよく見失い、わりとすぐ見つける)、
こわしたりしないのに、一昨日、Sが数年使っていた(?)陶器の小皿を落として
割り、今朝はわたしが20年くらい(?)愛用していた緑色のグラスを落っことして
割ってしまった。昨日のブログに写真を載せた、あのグラスである。

 モノも生き物もいずれ失われると決まっているが、やはりかなしい。こわれた
ふたつのモノは、それぞれの形代としてこわれたのか、という気も少しするが、
春先で気分がわさわさしていることの反映とも考えられる。あるいは__

 3・11の直前、乗っていた地下鉄から立ち上がったとき、Sがカメラを落とし、
レンズ・フィルターが割れた。なんとなく気持ちが上がらない日で、ぼんやり
路地を歩き、ゴミ捨て場を見つけてレンズ・フィルターを捨て、さらに歩き、
小公園で休もうとしたとき地面が揺れた。

 最初はわからなかった、大きな音が何なのか。本能的に公園の柵につかまり、
身体を支え、揺れが終わるのを待つ。ビルから大勢のひとが出てきて、揺れる
ビルを見上げる。その間も車やトラックがスピードを緩めずに通り過ぎる。

 ショックがひどいと思考力が低下する。それから1時間以上も、大川近くで
うろうろしていた。ビルから出てきた人々が道にあふれ歩き出している様子を
目にしながら、帰宅を急いでいるのだ、ということがわからない。

 そうだ、ヤケっぱちな気分にもなった。地下鉄が動かなくなることも予測せず、
地下鉄近くのドトールで休憩しているとき、大きな余震があったのに、どうでも
いいやと思って屋外に出なかった。茫然自失とヤケっぱちは同じ根を持つ。
 3・11後の数日間、夜になると大きな余震があった。10時半から11時頃か。
大抵お風呂に入っているときで、裸で死んでたって、いいやとばかり、湯船から
出る気にもならなかった。

 3・11の4時頃(?)になって、ようやく、せめて銀座方面まで移動しようと、
月島から三宅坂までバスに乗った。ぎゅう詰めのバスの中で必死に喋っていた
若いふたりの女性がいたことを思い出す。

 隣に立っていたので、いやでも話が耳に入る。たしかふたりとも帰国生徒で、
顔は知っていたけれど話をしたことはない。彼女たちは大地震の直前、会合に
出ていて、そこから岐路を同じくした、というのだったかしら。
 携帯が通じないので、彼女たちの友人の母親がヨルダンかレバノン経由で
電話してきて連絡がついた、とかいった話もしていたと思う。パニックを押さえ
込もうと、ほとんど息継ぎのひまもなしに喋っていた。

 思い出して書いていると改めて怖くなる。それでも原発を続けたいという人々が
わからない。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-04-06 11:04 | 雑録 | Comments(0)


<< 「猫ノフルホン市」4月11日(...      鈴木創士氏のコラム「第49回 ... >>