猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 09日

ジョゼフ・ハンセン「ブルー・ムービー」読了

e0030187_12454748.jpg












 うっかり読む順序を間違えた。「ブルー・ムービー」の後が「真夜中の
トラッカー」だ。「誰もが怖れた男」で知り合ったセシル・ハリスとは、
まだつき合っていない。主人公ブランドステッターはかつての恋人と
一晩飲み明かしたり、彼より若い義母にインテリア・デザイナへの道を
拓いてやったりする。

 主人公と恋愛はしないが、低予算映画に出演していないときはジーンズ
工場でミシンを踏んでいるドラグクィーンが楽しい。エロティック・ホラー
らしい低予算映画の撮影風景も。
 彼/彼女、ランディ・ヴァンは自分を女性視してくれることを望んでいるが、
まだどちらの性に属するか決めかねているところもあり、本物の女に会うと
しょげる。
<ランディは、カレンの胸をじっと見つめていた。沈んだ悲しげな目つきで。
 カレンは、[中略]薄いインディアン・コットンの、ひもで締めるズボンを
 はいており、形のいい小さな尻がズボンのなかでこきみよく動いた。
 ランディがため息をついた。>(p144下段~145上段)
 かわいいでしょ?!
 
 ストーリーは、ごちごちのクリスチャンが殺され、ポルノ書店店主が殺した
とされるが、保険調査員ブランドステッターが調べて行くと、被害者は家族や
他人には清く正しくを押しつけながら、じつはロリコンで、少女を囲っていた。
 殺人を目撃したはずの少女が行方不明で、彼女を探し求める物語だ。

 前に読んだ二作だと、社会の欺瞞に抗議する姿勢が強すぎる__と言って
けしてプロパガンダではないのだが__感じがしたり、物語自体も動きが
抑制的すぎると思ったけれど、これはいわゆる読みやすいミステリ。

     (HPB 1986初 帯 VJ無)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-04-09 12:46 | 読書ノート | Comments(0)


<< セバスチャン・ジャプリゾ「さら...      「猫ノフルホン市」4月11日(... >>