2014年 04月 30日

ジョゼフ・ハンセン「放浪のリトル・ドッグ」読了

e0030187_1291874.jpg












 ゲイの保険調査員デイヴィッド・ブランドステッターと、若い黒人の
TVリポーター、セシル・ハリスとの恋愛は続いている。2冊ほど感想を
書いたけれど、いつもブランドステッターがお金持ちなのを書き忘れて
いた。

 彼は父親が設立した保険会社の大株主で、父の遺した大きな三棟の
屋敷にセシル・ハリスと住む。義理の息子よりずっと若い義母が改修
したおしゃれな住まいで、食事用、居間、寝室用と三棟が独立していて、
中庭でつながっている。
 雨が降ったら傘をさして違う棟に通うのかと思うが、ロサンジェルスに
雨は降らないのか、たまたま物語で描かれた時期は乾季なのか、そんな
シーンはない。寝室の天窓から星が見えるのはすてきだけれど、「住吉の
長屋」LA版か、とも思う。

 おしゃれに暮すのもめんどくさいことが多そうだが__ここからは、
ゲイに関する偏見や誤解だと、それこそ誤読されかねない一文になるが
__、ゲイは全員、きれい好きで料理上手でおしゃれな人々なのかしら? 
お掃除嫌い、料理下手、むさ苦しいゲイは存在しないのか。

 でも、作者がいわばパーフェクトな人物像を作ったのは理解できる。
貧乏で不遇でゲイ、という設定だったら、貧困ミステリ(?)を書かな
ければならないし、強者としてのゲイ像にしないと、ゲイに対する偏見や
見当外れの憐れみを招くだけだろうから。


 中米の小国の腐敗を暴こうとしていた著名なジャーナリストが死亡する。
自殺と見なされるが、保険調査員ブランドステッターはそれを疑い、独自の
調査を続ける。
 ジャーナリストには後妻と、盲目のじつの娘がいる。他殺だとしたら、遺産
狙いの後妻とその愛人の仕業であろう。しかし、潜水服の男たちが目撃されて
いる。警備が厳重なゲーティッド・コミュニティだが、フェンスが破られた跡を
見た、という証言もある。この場合、小国からの刺客の可能性が高い。
 家庭内の問題と、国家的陰謀の物語とが同時に描かれ、どちらも解決しちゃう
ブランドステッター・ハリス組である。

     (HPB 1988初 帯 VJ無)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-04-30 12:09 | 読書ノート | Comments(0)


<< ジェイムズ・マクルーア「スネー...      山崎阿弥「マイビークル|ホワイ... >>