2014年 05月 31日

「アルトー24時++再び」の手前で

e0030187_23384797.jpg










 昨午後、都電荒川線・鬼子母神駅前で鈴木創士氏と待ち合わせる。
池袋「東京芸術劇場」の「アルトー24時++再び」の前座というのか
イントロダクションというのか、ロビーでピアノを弾く仕事を頼まれた
彼は、いま東京にいる。この日なら時間が取れるよ、ということで。

 暑くなかったら鬼子母神散歩をするところだが、陽射しが強烈だ。
近くの雑司が谷「さむしんぐ」でお喋り。住人がマリー・セレスト号
みたような消え方をした跡があってね、と京都に実在した廃病院の
話などに耳を傾けていると、佐藤薫氏から電話がある。もう4時。
そろそろ池袋に戻らなければならない。

 演劇を見る体力まではないが、鈴木氏の仕事場を拝見できないか。
一緒にタクシーで「東京芸術劇場」へ。二、三度行ったことはあるが
池袋を知らない。いつできたのか駅前(であろう)広場と劇場がある。
佐藤薫氏とBANANA UG氏が缶ビールを手に日陰に坐っている。
 まだ陽は高い。

 みんなで劇場に入る。天井の高い建物の中でさらに小分けされた
空間が、今回の会場だ。入口、エントランスホール、ドア、ロビー、
そして公演会場と続く。ロビーに敷物を敷き、客を誘導する。会場
手前に赤く塗られたグランドピアノが置かれている。

 鈴木氏がBANANA UG氏に弾いてみない?と誘う。BANANAが軽く
華やかに弾く。鈴木創士氏が替って坐る。鈴木氏が弾いているとき、
BANANAが高音部で加わるという場面がある。

 雑司が谷で喋っていたとき、大昔の神戸で酒場に飛び込んでピアノを
弾かせてもらったというアルバイト話をされたけれど、カクテルピアノと
いうのかラウンジピアノというのかしら、ときどきノイジックになったり
現代音楽調になったりしながらの、見事なレパートリーとアレンジ、腕前
を拝聴する。「宵待草」も" as time goes by "も" mac the knife "も。
極めつけは楽譜まで持ってこられて、まだ実際には弾いていないバッハ
「フランス組曲」!

 これも大昔、雑誌の吉田秀和のエッセイで読んで、きっと好きだろうと
見当をつけて買い、愛聴版になったグールドの「フランス組曲」以来の
感激と喜びだった。

 佐藤薫氏の案内で公演会場を少し見せていただく。赤坂のときの
空間とはかなり違う。横幅があって客席の縦列が短く、梁が交差した
天井が高い。役者の声は響くかもしれないが、EP-4の音はどう聴こえる
かしら?
 客席奥にパイプの台に載せた彼らの機材があるが、台が低いので
備品の箱に乗せて脚を高くしてある。いろいろ使えて便利そうな箱
だけれど、むかしのリンゴ箱やみかん箱風・白木の箱で、黒く墨文字
調で「東京芸術劇場」と記してある野暮ったさが愛嬌だ。

 またロビーに戻る。コンサート(?)もそろそろ終わり、伊東篤宏氏
が現れる。「今日は客としてです」
 全員で外の喫煙スペースに移動。伊東篤宏氏の参加された「ノイズ
列車とノイズ温泉」の話がおかしい。ノイズ系も高齢化が進み、客も
マイルドになってるそうだ。

 鈴木創士氏やEP-4 UNIT3は、本番の時間だ。「ありがとう、またね!」





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-05-31 13:44 | アート | Comments(0)


<< it's my par...      鹿島茂「パリ、娼婦の館 メゾン... >>