2014年 06月 29日

メカに興味はない

e0030187_18194177.jpg












 わたしをメカ好きとかメカに強い、とか誤解するひともいないだろうが、
パソコンもカメラも、Sに任せっぱなしだ。パソコンは仕方ないから必要な
ところだけ使い方を教えてもらって、なんとか凌いでいるが、カメラはSの
担当分野である。「あそこ、撮って」と言えばそれで終わり、Sの姿勢を
見れば何を狙って撮っているか、すぐ解る。

 メカは人任せに限る。わたしがけしてカメラを手にしないのは、メカが
苦手なのが一番の理由だが、カメラの使い方を覚えたとしても、ふたり
揃って持って出るというのが気が重い。フレームの奪い合いをやりそうな
可能性なぞ潰すに限る。

 というわけで、Sがどんなカメラを持っているのか、どんなレンズを使って
いるのか、たまに話してくれることもあるけれど、ふんふんと、右から左へ
聞き流すばかりだがしかし、このレンズになったときは驚いた。

 日本の緑の欠点(?)は、緑が濃すぎる、強すぎることだと、いつも思う。
写真に撮っても、そのまま色濃く緑々(りょくりょく)しく写ってしまう。目の
前の風景にもそれを写した写真にも苛々する。せめて写真の中にだけでも、
もっと淡いはかない緑の世界が作れないか?!
 SがPhotoshop加工して見せてくれても、やっぱり違う。望みの緑色を確保
しても、今度は他の色が、わたしの願う色と外れてしまったりする。

 長年思いながら諦めていた世界が、このレンズで得られた。緑々(りょく
りょく)しくない緑が存在する写真世界では、石油化学製品、つまり青や赤した
プラスティック製品(バケツとか)の色合いもはかなくなる。なんと喜ばしい。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-06-29 21:03 | 雑録 | Comments(0)


<< 伊丹万作「戦争責任者の問題」を読もう      「楠森總一郎 Exhibiti... >>