2014年 07月 07日

斎藤美奈子「紅一点論」読了

e0030187_10373150.jpg










 副題に『アニメ・特撮・伝記のヒロイン像』とあるが、まさにその
通りの、男たちの集団の中にいる少数の女は、いかに扱われてきたか、
という視点で論ぜられる近代日本レポートである。

 アニメをあまり知らないので取り上げられる作品には無知だが、表層
批評として述べられていることは、非常にわかりやすい。

< テレビの前のお坊ちゃまがたへ
  きみが「男の国=戦場」で活躍するには、組織に属して私生活を犠牲
 にし、みんなで異質なものの排除に努めなければなりません。それが
 正義というものです。いざというときは武装=変身して、敵ととことん
 戦うのです。敵の中にはおそろしい大人の女もいます。彼女たちは妖術
 をつかうので、十分用心してください。でも大丈夫。科学技術はどんな
 問題でも解決してくれますし、組織の中にはセクシーな女の子もいます
 から、息ぬきにセクハラもできますよ。

  テレビの前のお嬢ちゃまがたへ
  あなたが「男の国=戦場」で活躍するには、実力よりも容姿を磨いて
 セクシーなふるまいを身につけなければなりません。さもなければ
 「女の国=結婚市場」という狭い世界で戦うことです。その場合は
 メイクアップとドレスアップで変身し、大人の女の敵をつぎつぎ倒して
 みごと恋愛を成就させてください。大丈夫。困ったときには魔法を
 つかえばいいのだし、いざとなったらステキな王子さまがどこから
 ともなくあらわれて、あなたを助けてくれますよ。>(p63~64)

 こんな偏向イデオロギーに染まったアニメを見て育った世代、1960
年代以降に生まれた世代がすでに親であり、社会の中堅である。

<日本の特撮ドラマやアニメ=ジャパニメーションは、一大産業として、
 いまや世界中のマーケットにばらまかれている。>(p64)

 ドラマの中では滅ぼされる、悪の女王に率いられた悪の帝国だが
__
<みなの者、よーく聞け。悪の帝国の真の陰謀がわかったか。負けた
 ように見せかけて、われわれは、もとよりこの手で地球を滅ぼすつもり
 だったのだ。やがてジャパニメーションとやらが地球を覆い尽くす日が
 来るであろう。そのとき人類は、戦争ボケのセクハラ男と恋愛ボケの
 アーパー女ばかりになるのだ。あら、ちがったわね。もうなってるか。>
(p65)
__この件り、坂口安吾の「アロハ論」の口調を思い出させるが、それは
ともかく、1998年7月18日にビレッジセンター出版局から単行本として
出版された本が、15~16年経とうと、ちっとやそっとじゃ変わらない、
原発事故なぞすぐに忘れ、高度経済成長にしか頭が向かない、再生産され
続ける日本の近代の男(とそれを良しとする近代の女)を拒否するパワーを
持ち続けているのが、なんともかなしい、日本の私なのである。

     (ちくま文庫 2003年3刷 J)

 安倍晋三一派の教育改革国民会議(! 脳みそがないので有名な森喜朗が
映ってるじゃん!)の資料一覧を眺めると、お金をかけないで精神論だけで
戦争に勝つつもりだった無能集団、日本陸軍の伝統がなお生きていることが
如実に示される。馬鹿は死して大気中に馬鹿の遺伝子だけ残し、はびこる。

 6月29日付け「東京新聞」朝刊に、集団的自衛権について悩む(? 
無脳なのでまともに考えることができないだけに見えるのだが)茨城の
公明党市会議員(60代)の記事がある
__
<「北朝鮮が米国を攻撃したような場合に、見て見ぬふりなどできない。」>
__だって。
 北朝鮮は旧大日本帝国と違ってリアリストだから、ミサイルを撃つのは
アピールのためであって、相手から利益を引き出そうとする条件闘争者で
あるのが、いい年をした男なのに(あえてセクシスト発言してみた)わから
ない様子なのが、どうにもわからない。

 安倍晋三からひと言、もし侵略されたらと言われただけで、うろたえる。
すぐ頭が戦闘モードに切り替わり、戦闘以前、戦争行為を避けるための
あらゆる戦術戦略、つまり外交を考えないのが馬鹿たる所以で、60代の
彼もまた戦闘アニメで洗脳されてきたのか。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-07-07 15:10 | 読書ノート | Comments(0)


<< 伊藤精介「銀座名バーテンダー物...      前田愛「幻景の街 文学の都市を... >>