猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 12日

ローレンス・ブロック「聖なる酒場の挽歌」読了

e0030187_12541574.jpg










(~07月11日の続き)

 マット・スカダーは1985年から10年前、1975年の夏のニューヨークを
ふりかえる。たった10年前、もう10年も経つ。どちらでもあるが、ヤッピー
だの何だの、みんながナイスになった1985年と、

<当時はお巡りたちも髪を長くのばし始めた頃だった。若い連中の中には
 顎髭や口髭をはやし始める者もいた。>(p127)
<「[略]ブルックス・ブラザーズのスーツを着た日本人(ジャップ)の会社員
 がいっぱいいるけど。あいつらはスコッチを飲み干すたびに互いに写真を
 撮り合ってるよ。そしてにんまり笑っちゃおかわりを注文するのさ。なか
 なかの見物(みもの)だよ」>(P143~144)
__いまだヴェトナムの影に覆われた1975年の違いは大きい。

 酒場では友だちだが、昼間の互いのことはあまり知らない。そんな間柄の
友人ふたりが、それぞれ事件に巻きこまれ、マット・スカダーに解決の手を
求める。もう一件、IRAと関係しているらしい三兄弟の酒場が、武装強盗に
襲われる事件も起きたが、マットはそれは断る。
 街中に銃が出回っているのだけは10年前も10年後も変わらない。

 ハードボイルド・ミステリとは、男たちが安心して感傷に浸れるように考案
された装置だと、身も蓋もなく言ってしまってもいいのだけれど、そんな鬼の
ようなあたしの目にさえ、マット・スカダー・シリーズに溢れる哀しさと諦観は
うつくしく感じられる。

 マットは、妻殺しの疑いを晴らしたいと頼んだ酒場友だちの愛人と、成り行き
で寝てしまう。男は妻の死後、外聞をはばかって、南部美人の彼女と接触を絶つ。
彼女は男の事情をわからないでもないだろうが、やはり馬鹿にされたことに怒り
を覚える。
 酔っぱらった彼女を送って行ってマットは彼女と寝るのだが、酒で辛さを紛らす
男と、愛されていない事実を突きつけられた女の、負け犬同士のひとときの交歓が
痛切にうつくしい。
 
 ふたつの事件が解決し、三つ目の事件も派生的に解決した。最後の章は
10年後のいわば決算報告である。酒場友だちのその後、店や街並の移り
変わりが記される。マットの息子たちは大学や軍隊に行き、元妻は再婚し、
そして主人公マット・スカダーは酒を飲むことができなくなった現在である。

     (二見文庫 1987年3刷 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-07-12 22:20 | 読書ノート | Comments(0)


<< ローレンス・ブロック「慈悲深い...      ローレンス・ブロック「聖なる酒... >>