猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 16日

神西清 訳・チェーホフ「可愛い女 犬を連れた奥さん 他一篇」読了

e0030187_8332029.jpg












 写真は江戸川乱歩邸だが、水曜日のMercureで読み終えたのは
神西清 訳・チェーホフ「可愛い女 犬を連れた奥さん 他一篇」
(岩波文庫 2001年58刷 J)。

 わたしは荷物が多い。外で何が起きるかしれないから、あれもこれも
持って出ないと不安だ。夏はさらに水と日傘が欠かせない。重くなる。
 それでも今日は予約なし初診だからかなり待つ筈だ。何か薄い文庫本、
ということで神西清 訳・チェーホフ「可愛い女 犬を連れた奥さん 他一篇」。

 「可愛い女」って吸血鬼か、声の妖精・エコーの話だろうか? 男からも
女からも「可愛い女(ひと)ねえ!」と言われるヒロイン、オーレンカだが、
一緒に暮らす男さえいれば、彼女は何についても考えることができ、意見を
述べることができる。相手の男の考えの受け売りでしかないが、その男と
いる限り、彼の考えを我がものとして生きていくことができる。しかし、
続けざまに二人の夫を失い、男友だちも遠くに行ってしまった現在、

<彼女にはもう意見というものが一つもないことだった。彼女の眼には身の
 まわりにある物のすがたが映りもし、まわりで起ることが一々会得もできる
 のだったが、しかし何事につけても意見を組み立てることが出来ず、なんの
 話をしたものやら、てんで見当がつかなかった。ところでこの何一つ意見が
 ないというのは、なんという恐ろしいことだろう! 例えばびんの立っている
 ところ、雨の降っているところ、または百姓が荷馬車に乗って行くところを
 目にしても、そのびんなり雨なり百姓なりがなんのためにあるのやら、それに
 どんな意味があるのやら、それが言えず、仮に千ルーブルやると言われたって
 なんの返事もできないに違いない。クーキンやプストヴァーロフがついていて
 くれたころも、またそのあとで、獣医がついていてくれた時も、オーレンカは
 説明のつかないことは一つもなかったし、どんな問題を出されても自分の
 意見を述べるに不自由しなかったものだが、それが今ではむらがる思いの
 間(あわい)にも心の内部にも、ちょうどわが家の庭そっくりのがらんどうが
 出来てしまっていた。>(p97)

 分裂症の話とも読めるけれど、老いて、外見がちっとも可愛くなくなってから
知り合った、獣医の小学生の息子を得て(「得る」としか言いようがない。)、
反響版に過ぎない言語展開能力とはいえ、彼女はふたたび言葉を取り戻す。
やっぱりこれは怪談であろう。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-07-16 21:15 | 読書ノート | Comments(0)


<< ローレンス・ブロック「泥棒はラ...      猪野健治「日本の右翼」を読み出す >>