2014年 07月 31日

とぼとぼと終わる...

e0030187_1984433.jpg












 5月に閉店してから、腰椎骨折のSと、治療の進行と体力の
低下が同期するわたしの二人組は、撤去作業を他の方にお願いし、
本はとっくに店内から消えたのに、個人的なものの回収になかなか
行けなかった。

 Sもわたしも小物類に関しては、あきれるほどの物持ちだ。
ブランドものには興味がなく、個人的な視線と記憶に縁取ら
れた小さなものを、いやになるほど所有している。

 紙切れの類いも、あだやおろそかにできない。どんな記憶
が絡まる紙片だか判らないから、捨てるにあたって気を使う。
大まかに、と思いながら結構細かく見ていったので、たぶん
大事な切り抜きは捨てずにすんだ、と思う。忘れきっていた
のを再発見するみたようなもので、それなら忘れっぱなしでも
よかったのかもしれないけれど、大昔の「ブルータス」から
切り抜いた、エリス島の入国管理事務所に置かれていたピアノ
の写真とか、持っていたのが確認できて、やはりうれしかった。
 記憶とイメージだけが重要なのだ。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-07-31 20:32 | 雑録 | Comments(0)


<< ローレンス・ブロック「泥棒は深...      ローレンス・ブロック「一ドル銀... >>