2014年 08月 08日

これでおしまい

e0030187_195849.jpg










e0030187_19581882.jpg










 5月に閉店して本と本棚は6月中に消えた。消していただいた。
増えてゆく副作用や少しずつ低下する体調と相談していたので、
やっと一昨日ゴミ処分を終え(Sのみ参加)、店内は空っぽに
近づき、今日、私的な本や雑貨小物を部屋に運び入れた。
 これでおしまい。

 市松模様の床を掃きながら、来し方をふりかえる(?)という
ほどではないけれど、入口のガラス戸前には「私は猫ストーカー」
撮影時に付けられた、扉位置を示す緑色のテープの切れ端がまだ
少し残っていたりする。ガラス戸上部にはEP-4ステッカーが張ら
れたままだ。護符だろう、きっと。

 オフホワイトの壁とモノクロームの市松の床。ここだと思って、
店を始めた。少しずつ床も壁も本というモノに浸食され、最初の
空間は消失していたのだけれど、今日、13年前に見たあの空間に
戻った。

 店をやっているときは、個人所有の本を買い手に売り、売り手から
買いしていた。自分の本ではあるけれど、売らなきゃならないモノ
だったので、責任感をつねに感じていたが、今や、わたしの本は
わたしだけに関係するモノなので、状態が多少、劣化しようが、
何も気にしないでいい。終わったのだ。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-08-08 20:53 | 雑録 | Comments(2)
Commented by 篠原知子 at 2014-08-09 20:26 x
ご無沙汰しております。閉店を存じませんで、大変失礼いたしました。あの店内がまだあるような、夢のような気持ちです。どうぞお二人とも御身大切にお過ごしください。
Commented by byogakudo at 2014-08-09 23:04
こちらこそ申訳ございません。ドタバタしておりまして、閉店のお知らせ
メールをお出しできませんでした。なんとも失礼いたしました。


<< 枕元の怪      楽園のあちら側 >>