2014年 08月 10日

ローレンス・ブロック「泥棒はボガートを夢見る」読了

e0030187_12393320.jpg












 泥棒バーニイ・シリーズが終わりに近づく。つまんないな、もう新作は
出ないのか。

 「泥棒はボガートを夢見る」では、なんといってもバーニイのボガート
成りきり振りが見物。映画「カサブランカ」仕様の泥棒バーニイである。

< 世界じゅうのあらゆる街のあらゆる本屋の中から、彼女はよりにも
 よって私の店にやってきたのだった。>(p47上段)
 ボガートの大ファンで、彼の映画で英語を学んだバルカン半島出身
の美女が、バーニイの古本屋でボガートの伝記を買う。ハードカヴァ
なので、安いペーパーバックもあると教えてあげる(これぞ古本屋!)
が彼女は持っていて、元版が欲しいのという。意気投合したふたりは
夜毎、ボガート映画祭に通い詰める。

 そんな映画の中のボガートそっくりの人格になっていたときに、これ
またボガート映画みたような事件に巻きこまれ、「マルタの鷹」の登場
人物めいた連中がわんさか出てきて、あとはパターン通り、身の証を
立てるために名探偵振りを発揮する。

 泥棒バーニイ・シリーズはあくまでも喜劇タッチで進行する。いくら
バーニイが映画の中のボガートそっくりに、美女に対して紳士的に
ふるまおうと、彼に仕事を依頼する老人連中が、ボガート映画かぶれ
みたように行動しようと、バーニイが三度も同じタクシーをつかまえて、
今や珍しくなったニューヨーク出身の老タクシー・ドライヴァから、その
都度、信じられないようなエピソードを聞かされたりするのは、とても
批評的姿勢である。

 泥棒バーニイ・シリーズでは大抵、前作の余波みたいな話が出てくる。
「泥棒は野球カードを集める」はスー・グラフトンのアルファベット題名・
シリーズのもじりが続出していたが(ああ、でも読んでない)、ここでは
<「地下鉄の線路に突き飛ばして不実な妻を殺すジャズ・ミュージシャン
 の話」>その名も
< 「『列車のA』[以下略]>(p196下段)をキャロリンが読んでいる。

 これは" A for A Train "だろうと見当がつくが、バー二イが見失った
アタッシェ・ケースを、いい間違いの名人、レイ・カーシュマン刑事が
「お達者ケース」と発音する(p97上段)のは、原文ではなんと言ってる
のだろう?

     (HPB 1998初 VJ)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-08-10 12:31 | 読書ノート | Comments(0)


<< ローレンス・ブロック「泥棒は図...      枕元の怪 >>