猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 15日

Iggy Pop Après/KARANIS Exhibition 3日目のおみやげ

e0030187_22542097.jpg












 クロアチア国旗の青色版みたいな靴に目が行ったけれど、写真に
なったら左後ろの壁と手すりの様子がマリスカルのコビーに見える。
二次元になりフレーム取りされて見えてくる。
 (ところでハロー・キティってどこを味わう? ミッフィーの
愛らしさはわかるが、キティは頭の弱そうなところを愛でるの
だろうか?)

 Iggy Pop Après 何を歌っても説得力がある。何を説得してる
か知らないが。フランス語に向いた発声だ、ブライアン・フェリー
よりも。ブライアン・フェリーのあれは、わざわざ棒読みしてるの
かしら?

 三連休の最後、Frankenstein と Kicks のころの友だち・W が
kARANIS に来ているので、S は急いで出て行った。当時のヴォー
カル・Y の消息もわかったが、3、4年前の時点までだ。
 昔、中野サンプラザでのルー・リードのライヴ(見渡せば同窓会
みたいな客席だった)のとき、舞台に向かって右側の壁にぴったり
背をつけて、眠り男・チェーザレみたような動きをしていた、いつも
"堕ちた天使" という名詞が浮かぶ Y。

 おみやげは、まるでパルミジアニーノの世界、マニエリスト・馬越寿氏
のガラス球だった。透明なガラス球の内部に、薄い淡いグレイの立方体が
封じ込められているので、手に取って透かしてみると、風景に途中で切れ目
が入って続いていく。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-09-15 21:14 | アート | Comments(0)


<< ラファティと子母澤寛とカルヴィーノと      フィリップ・K・ディック「空間... >>