猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 30日

ケン・ブルーエン「ロンドン・ブールヴァード」読了

e0030187_2214850.jpg












 映画「サンセット大通り(ブールヴァード)」を枠組み・下敷きにして、
但し主人公はシナリオ・ライターではなく、20世紀末から21世紀の
ロンドンのギャングである。刑務所を出たばかりの。

 主人公が好きなものは、ノアールやハードボイルド、60年代からの
音楽(ロック)、映画、いい車やいい服、それらのアイテムが場面転換を
兼ねて効果的にちりばめられている。
 ハードボイルド・ミステリの主人公は、彼の行動や外観を述べるやり方
で描かれる。このストイシズムの延長として、記号化されたこれらのアイ
テムも使用されているのだろう。
 分かち書きの多用もスタイルとして愛用される。
< 三年も刑務所にいると、 
   時間と
   思いやりと
   驚く能力を失う。

  が、そのフラットを見たときは、仰天しそうになった。>(p19)
__こんな塩梅である。くさいといえばくさい、スタイリッシュといえば
スタイリッシュな文体だ。長い話ではないのでそれほど鼻につかない。

 いや、マーク・プライヤー「古書店主」みたような、拙で、もたついた
展開などしない、きびきび・あっさり終わってくれる悪くないミステリで、
それなりに楽しんだけれど、今、「サンセット大通り(ブールヴァード)」の
換骨奪胎やリメイクは、時代的に無理なのだろうとはっきり分かる。
 (それにさあ、映画ファンなのに、大昔の大女優と執事の住む館からの
仕事、と聞いて、先行する映画を思い出さなかったのかと、読者は身も蓋
もない疑問を持つのだけれど。)
 もし試みるとしても、もっと長い物語の一部に埋めこむとか、ちがった
方法論が必要だろうが、でも作者は愛するノアールやサスペンス映画に
オマージュを捧げたくて書いている面がありそうだから、無理な相談だ。

 主人公は、大女優邸の下男兼愛人の仕事の他に、ときどき、掛け持ち
アルバイトでギャング仕事もやる。ボスに紹介された主人公は、
< そこでおれは、やつが誰を連想させるのかわかった。ローレンス・
 ブロックの"マット・スカダー"シリーズに出てくる、ミック・バルーという
 男だ。[以下略]>(p139)
 このボスを殺さざるを得なくなるとき、
< 殺しのBGMはどんな曲か? おれの頭の中では、レナード・コーエンの
 <フェイマス・ブルー・レインコート>だった。>
けれども、ボス宅のドアベルはチャイムで、
< しかも曲を演奏する......<幸せの白い鳩(ウナ・パロマ・ブランカ)>だ!>
(P337)

 読んでいるうちに、自分の書いているブログへの反省が浮かぶ。
 物語を自分の言葉で要約して説明するのでなく専ら一部引用という
手段に頼っている__できるだけ生(なま)な言葉を避けて、読む人が
それぞれに解釈してくれたら、という意識もあるが__、連想を伝える
のに、画像やYouTubeの外挿を多用している__これは、webの特性
を活かした書き方、のつもり。

 本と映画と音楽などの記号的引用に満ちたケン・ブルーエン「ロンドン・
ブールヴァード」は、とても今の作品なのかも。そして今は、軽い表面で
しか存在できないのかもしれない。

     (新潮文庫 2009初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-09-30 20:34 | 読書ノート | Comments(0)


<< ジョン・ル・カレ「ティンカー、...      シオドア・スタージョン「人間以... >>