猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 15日

欲望復活?

e0030187_21524829.jpg












 10月いっぱいで週に一回 Mercure に行って Mer-de-cure するのが
終わる。長引くかと思っていたが、あと2週間ばかり無事に過ごせれば、
それでおしまい。半年後にも無事だったら、この件はおしまい。
 さあ今度は、次の事態に備えなくちゃねと、あくまでも悪いニュース
から先に聞きたがる性質なので否定形の将来図を描くが、頭は偽れても
身体は嘘がつけない。

 身体のほうは、治療が終わる喜びにすなおに反応している。歩けば息切れ、
ときおりの記憶消失(喪失だと長時間のイメージだ。水が瞬間的に沸騰して
消えるような記憶の消え方をする。)、突発性・高粘着質・激怒発作(一旦、
怒りに火がつくと燃料が切れるまで怒りっぱなし)、かゆみ__これらの
副作用も、11月半ばを過ぎれば薄れてゆくそうで(かゆみもほんとに消える
のかしら?)、2週に及んで終了を告げられると現金なもので、歩く速度が
これまでより少し速くなる。すぐ息が切れて、歩をゆるめるのだけれど。

 起きたとき、ふいに、アントニン・レーモンドのリーダーズ・ダイジェスト
東京支社ビルを見られなかったのが残念だなあと思い出した。1963年に壊されて
いるので、生まれてはいたが、仮に関心を持ったとしても、田舎町からわざわざ
それを見るためだけに来るのは不可能だ。親に何といって頼む? 
 「近代建築の粋を見たいんです」「なに馬鹿いってるの!」

 藤沢市善行の玉屋食堂(グリーンハウス(旧藤澤カントリー倶楽部クラブハウス)
見学
)に行きたい。歩き回れて写真が撮れて疲れたら食事もとれる。

 半年かけて、どこかへ出かけたいという欲望が再び起きる。横浜ニューグランド
にさえ行ってみようとしない S を、どう説得して藤沢市に行かせるのだろう?





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2014-10-15 17:31 | 雑録 | Comments(0)


<< 銀座たてもの展 Nakagin...      ローレンス・ブロック「殺しのリ... >>