猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 08日

DAVID BOWIE-Slip Away (Live) /10年ぶり(?)の Y

e0030187_2053195.jpg












DAVID BOWIE-Slip Away (Live)

Oogie waits for just another day
Drags his bones
to see the Yankees play
Bones Boy talks and flickers gray
Oh, they slip away

Once a time
they nearly might have been
Bones and Oogie on a silver screen
No one knew what they could do
Except for me and you
They slip away
They slip away

Don't forget
to keep your head warm
Twinkle twinkle Uncle Floyd
Watching all the world
and war torn
How I wonder where you are
Oo-o
Sailing over
Coney Island
Twinkle twinkle Uncle Floyd
We were dumb
but you were fun, boy
How I wonder where you are
Oo-o

Oogie knew there's never ever time
Some of us will always stay behind
Down in space it's always 1982
The joke we always knew
Oo-oo
What'sa matter with you
C'mon, let's go
Slip away
Oo-o

Don't forget
to keep your head warm
Twinkle twinkle Uncle Floyd
Watching all the world
and war torn
How I wonder where you are
Oo-o
Sailing over
Coney Island
Twinkle twinkle Uncle Floyd
We were dumb
but you were fun, boy
How I wonder where you are
Oo-o
Sailing


 むかし S とバンド・ frankenstein をやっていたヴォーカルの Y と、10年ぶり(?)に
電話で話す。電話帳を失い、連絡がつけられなくなっていたが、カラニスでのグループ展に
(同じバンドの)ギターの W が来てくれ、ふたたび電話番号がわかった。

 すぐに夜、二、三度かけてみたが呼び出し音が続くだけ。使われている電話では
あるけれど、出ない。あまり人と会わなくなってると W が言っていたから、電話にも
出ないのかもしれない。

 今日、昼間、思い立ってかけてみる。つながった。数年、あるいは10年ぶりに声を聴く。
生きてる? あれからどうしてた? ルー・リード、死んじゃったね。ランダムな会話。

 彼のヒューマーは健在だった。ジョークを言うというのではなく(気のきいたジョークって
退屈だ)、彼自身も含めた世界を、少しずれた視界で眺めていることに発するリアクティヴな
言葉や間投詞に、Y の変わらなさを感じる。30年以上会っていないけれど。中野でのルー・
リード公演時、上手側の壁に背をつけ、チェーザレ・パフォーマンスを試みようとするのを
見かけて以来、会っていないのだが。

 かつて知っていた誰や彼はこの世を去り、Y も S もわたしもだれもかれも、みんなヨレヨレ。
でもかろうじて生き残っている。奇跡みたいに。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-11-08 20:03 | アート | Comments(0)


<< 秋尾沙戸子「ワシントンハイツ ...      秋尾沙戸子「ワシントンハイツ ... >>