2014年 11月 18日

石川喬司「エーゲ海の殺人」読了

e0030187_2055043.jpg












 文字は小さかったけれど、読み終えられた。
 楽しかったか?__うーん、どうだろう?
 退屈だった?__いや、そうでも。

 技巧的で、それは楽しめるけれど、今のわたしの頭と
うまくフィットしない作品群だった、ということなのか。
 『カマルグの白い馬』に見られる、抒情的な怪奇風味、
メタ・ミステリの『次号予告』、『パリの密室』は発表当時
なら意味をもつトリックで支えられているのが弱点だろう。
 タイトル作「エーゲ海の殺人」も怪奇と抒情のミックスだ
...。

 そうか、その後に続々出てくる競馬ものが苦手だったことが、
フィットしなかった原因か。犬が出てこようが馬だろうが、登場
動物に影響されて読めなくなるというのも、ヘンだが、どうやら
ヒト以外の哺乳類が登場すると、動物小説(?)が苦手だった
子ども時代を思い出すのか、ノレなくなる。
 競馬にも興味がない...。

 賭け事というので連想してみるが、パチンコやスロットが舞台の
小説にノレるだろうか? 実作に基づかないで、抽象的なことを
言ってもしかたないが、小説全体との絡みで、効果的に使われて
いるかどうかの問題だ、基本は。
 長くないミステリで競馬と競馬場が主題なのが、ちょっと辛いのか。
 ルーレット場が舞台のノアールだったら? 面白く書けてるノアール
かどうかを考慮外にして、競馬場よりは、無理なく物語に入れそうだ。
(屋外より室内描写が好ましい質も影響している?)

 『パリの密室』の中で、ミステリ作家が女性編集者に答える。
< 「[略]トリックの二番せんじはいただけないって説だけど、その問題
 については、ぼくは佐野洋氏の意見に賛成なんだよ。トリックはいくら
 模倣しようとかまわない。それを先人よりもすぐれた形で生かすならば、
 という意見にね。[以下略]」>(p63)

「トリックよりもレトリック」という、都筑道夫の至言があったが、都筑
道夫はまだ忘れられたミステリ作家の位置づけのままかしら?
 死後、急速に忘れ去られた印象が強い作家だ。彼の死を待っていたかの
ように、ミステリの出版関係者全員が無言で一致して、忘れられた作家に
してしまったように、部外者としては感じるが。
 都筑道夫・最晩年の怪奇小説は、書けなくなった作家みたような感じだ
けれど、ミステリ批評家として実作者として、ベーシックを提示してくれた
小説家だと思う。それとも、あの論理性が気ぶっせいなものを周囲に与えて
いた、ってことかしら? 

     (石川喬司「エーゲ海の殺人」 旺文社文庫 1986初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-11-18 20:36 | 読書ノート | Comments(0)


<< トム・ウルフ「バウハウスからマ...      Mer-de-cure の後で(2) >>