猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 29日

日比谷公園へ

e0030187_2148197.jpg










e0030187_21481412.jpg










e0030187_21482721.jpg










 11月09日付けブログの写真は、日比谷公園の鶴の噴水
だったが、あの頃はまだ、遠出する自信がなかった。
 「どこ行ってきたの?」
 「久生十蘭に敬意を表しに行ったのさ」
 その日比谷公園へ、昨日は二人で。日比谷公園はそれほど
知らない、新宿御苑みたようには。

 空は暗いけれど降らないというので2時に出た。陰っていたし
平日だから公園は静かだ。S が先だって歩いたコースを再訪。

 旧公園資料館は可愛らしく、2羽のペリカン噴水のペリカンの
顔がいい。アメリカの漫画に描かれる顔とはちがって、やっぱり
日本らしい顔つきをしている。資材置き場だったかのキリン像は
面相が悪くって、それはそれでいいが。

 S もまだ寄っていなかった日比谷公会堂の方へ。公演がない日
なので閉まっているが、脇にキャフェの案内が出ている。

 日比谷公園アーカイブカフェ(いちばん下のパノラマ写真で
一周できます)。雨もよいにもなってきたので休憩する、煙草は
吸えないけれど。ここがよかった...。

 建築は時間を蓄える。戦前からの公演の記憶の積み重なりが、
空間中に漂っている。コンサートが始まる前のわくわくするような、
きやきやした気分が押し寄せる。
 電蓄からヴァイオリンの音が流れてくる。コーヒーを出す青年に
尋ねると、CDを見せてくれた。メニューインだって。(電蓄の
真後ろにCDプレイヤがある。)
 この音は聴き覚えがあるし、メニューインの名前も知ってたけれど、
やっと音と演奏家が一致した。SPの音源をCD化したそうだが、空間
との相性もいいのかもしれないが、かなり音量があっても、キンキン
せずに気持よく聴いていた。
 電蓄は今でも使える。SP盤の「アヴェ・マリア」をかけてくれた。
アナログ音っていいな。

 写真も撮っていいと言われて、ひっそりした午後をゆっくり過ごす。
いい日だった。また行きたい。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-11-29 14:55 | 雑録 | Comments(0)


<< K・K夫人__野音と日比谷公会堂の夏      平山盧江「つめびき」読了/鈴木... >>