猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 03日

「ローレンス・ブロック傑作集 3 夜明けの光の中に」読了

e0030187_210321.jpg












~12月01日より続く

 短篇小説ってダイジェストが難しい。読者をいかにして、どこへ
連れて行くかの過程を楽しむ小説だから、ストーリーに沿って要約
すると、楽しみが少なくとも半減する。(ちがう角度を発明しなくっちゃ、
と思うけれど、いま、思いつかない。)

 だから、いちばん好きな『いつかテディ・ベアを』(田口俊樹 訳)の
物語を書くわけにはいかない。都会に暮す独身者の心情やライフ・
スタイルが描かれてるだけ、という言い方をしてしまうが、そこに
つけ加えられた味つけが、やや風変わり(とまでもいかないくらいの、
ちょっとした味つけ)なので、人情スケッチに終わらず、街そのものの
スケッチになる。

 主人公が映画評論家というところで、まずノッた。デートするのも、観客が
スクリーンに集中する試写室だ。映画館で見るのもいいじゃないかと思うが、
主人公は、お喋りや映画のストーリーを話す声が聞こえてくると駄目らしい。
まあ、わたしも腹を立てるが。

 男も女もひとりで暮らし、ときに出会うが、どちらも生存の必要条件が独身
生活ではないかと思われる出会い方、暮し方だ。もし結婚に至ったとしても、
別居しながら結婚するか、少なくとも一方は独身者の部屋をキープし続ける
のではないか、そう、マット・スカダーとエレインの結婚当初のように、と
思わせる関係だ。

 街の物語以外に、奇妙な味やホラー傾向の強い短篇がある。これらはどうも、
ニューヨーク以外の田舎や地方都市が舞台になっているようだ。
 古風な名探偵もの(本格ミステリ・タッチ)、弁護士・エイレングラフの
短篇も街(ニューヨーク)が舞台に思われる。事件を象徴するかのような詩を
暗唱する癖のある弁護士だ。

 ファニーなおとぎ話『男がなさねばならぬこと』(芹澤恵 訳)も、好み。

     (ローレンス・ブロック/田口俊樹・他 訳「ローレンス・ブロック傑作集 3
     夜明けの光の中に」 ハヤカワ文庫 1997再 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-12-03 20:01 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「ローレンス・ブロック傑作集 ...      半年ぶりの雑司が谷へ >>