2015年 01月 06日

東中野≒パリ

e0030187_1910617.jpg










e0030187_19391021.jpg










 今日は冬の嵐だというので、光あるうちに散歩せよ。わりと暖かい
昨日(10℃あると体感がちがう)、先日通った東中野を歩く。

 2pm過ぎて地下鉄・大江戸線、東中野下車。「ポレポレ東中野」
から、いかにも駅前飲食店街の「ムーン・ロード」(シャンソン喫茶
あり!)、中野三中。どうも道を間違えたようだ。新建材の建物が続く。

 「新宿区立大東橋公園」から、いやらしい「日本閣」タワービル方向
へ向かい直す。JRガード付近の、枯れた雑草地帯にしばし立ち止まる。
暖かい日だからできることで、ふだんなら、一枚撮って急いで立ち去る
べき、日陰のガード下である。

 先だって、いいなと思った駅前商店街(ここだったと思う)「東中野
名店会」と街灯に記された通りを歩く。久しい昔に閉店した様子の「埴生田
(はにゅうだ)書店」、その向かい側の建物も同時期の木造モルタル二階建て。
 道を渡る。

 まだ冬休み中なのか、シャッターの下りた「陶美堂」という瀬戸物屋さん、
名前を書き忘れた(散歩のときは、バッグからポケットに BLOC RHODIA
N.11 とボールペンを移動させ、大抵は歩きながら書く。読み返すと、字が
よじれていて判読に苦労する)表具師のお店、また書店、「熊野書店」と
手書きの紙が貼ってあるけれど何かの事務所でもある一軒、「中村隆男
シャポーアトリエ」、「埴生田書店」側から入り込んだ窪地に「la Salle
サルキッチン」というレストラン。

 レストラン右手の細い道(「名店会」の通りと平行している)を歩いて行く
と、大きな銀杏が鳥居前にある「第六天神社」。
 鳥居から小さな石灯籠と奥のお社まで敷石が続くだけ、実質は「名店会」の
通りに面した集合住宅の裏手だが、パワフルであり、しかも空地のようなこの
場所は、もう日本にしか存在していないパリだ。思いと憧れで醸成された、あの
パリ。駅前のシャンソン喫茶や「シャポーアトリエ」に証拠を求めることもできよう。

 東中野がほぼパリであることを確認して、大久保通りでバス停を探す。関東バス
中野行き(どこ行きでもJR中野駅を通る)を堀越学園下車、鍋屋横丁を通って、
4pm過ぎに帰宅。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-01-06 12:58 | 雑録 | Comments(0)


<< キリル・ボンフィリオリ「チャー...      鈴木創士氏のコラム「第58回 ... >>