2015年 01月 08日

「フォウファーイ!」/ジョー・ゴアズ「路上の事件」を読み始める

e0030187_20421270.jpg












 1990年代のいつ頃か、ハリウッドで法廷ものがやたら作られた時期が
あった。新作ヴィデオを借りに行くと法廷ものが続く。主人公がマフィアに
敵対する証言者だったり、冤罪の人物を守ろうとする弁護士だったり、様々
だが、なぜかアメリカ南部を舞台にした映画が多かったような気がする。

 黒人の廷吏が現れ、「起立!」と述べる。その意味だとは分かるけれど、
発音がわたしには「フォウファーイ!」としか聞き取れない。なに、それは?
 何本か見るうちに「ホウルハーイ!」「ホウラーイ!」とも聞こえてきた。
whole? all? ようやく、"All rise !"だと気がつく。例によって入浴中の発見。
 アメリカ語は聞き取りにくく、アメリカ南部なまりとなると、さらに分かり
にくいと、弁解しておこう。耳が悪いだけなのだけれど。

 ジョー・ゴアズ「路上の事件」でも始まってすぐ、南部の法廷シーンである。
作家志望の青年がホーボーしていて浮浪罪に問われる。廷吏が現れ開廷の辞を
述べ、最期は、「全員起立」で締める。なつかしい。

 自伝的ハードボイルド・ミステリ(?)。浮浪罪の結果は、重労働で償う。
残忍な刑務官に苛まれ(主人公の青年の友だちになった男はリンチで
殺される)、囚人たちは刑務官を殺して逃亡する。

 列車のただ乗りを止めた主人公はヒッチハイクを始める。まだヒッチハイカー
が殺されたり、殺したりしない1950年代アメリカだ。
 そう、"路上"小説である。

     (ジョー・ゴアズ/坂本憲一 訳「路上の事件」  扶桑社ミステリー文庫
     2007初 J)    

1月9日に続く~





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-01-08 17:45 | 読書ノート | Comments(0)


<< ジョー・ゴアズ「路上の事件」1/3      キリル・ボンフィリオリ「チャー... >>