猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 17日

かたちにすること・言葉にすること

e0030187_12174093.jpg












 あれから20年経つ。鉄筋コンクリート造のビルや高速道路がねじれて
潰れ、木造モルタル造の小さな民家は押しつぶされ、あるいは火の中に
失われた。

 東京から建築関係の学者たちが、大地震による建造物の破壊の調査に
行こうとしたが、竹中工務店は、すでに自社が建設して倒壊したビルを
片づけていた、という話を聞いた記憶がある。片づけなければ道路が
使えず、物資が運び込めない。必要な措置ではあっただろうが。

 夕方のTVニュースで震災を悼む催しの様子が放映される。きれいな
(と一般形では言われるだろう)メロディの鎮魂の歌を、混声合唱団が
歌うシーンが、どうにも耐えられない。
 式典のプロデュースはどこが請負ったのだろう、電通? 博報堂? 
と考えてしまうのは性格がよくないからだが、簡単にかたちにしたり、
言葉にしたりする出来事なのか。
 かたちにしたり言葉に出さなければ思いは伝わらないけれど、思いと、
言葉や行為との間にある果てしない遠さを意識しなかったら、儀式は
空っぽで、むしろ死者への冒瀆にもなりかねない。それが分かってなお、
言葉は欠かせないのだが。

 清らなメロディの混声合唱に違和感を覚え、慰霊祭の必要性は認めても
その形式を拒否するのは、S によれば、音感がちがうから、どうしようも
ないのだ、と。音感の違いが言葉の違い、表現の違いを発動する。

 「絆」も「癒し」も断るが、わたしもまた死者たちを悼み、傷ついて
生き延びた人々を思う。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-01-17 20:49 | 雑録 | Comments(0)


<< 思い出してばっかり      10日ぶりに地下鉄に乗る >>