猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 18日

思い出してばっかり

e0030187_22353322.jpg








 明日(あした)の日数(ひかず)のほうが昨日の日数より断然少なくなって
きたせいか、昔レコードで持っていて失くした歌をCDで買い直すのが、
これで二度目だ。

 Mary Ann Mccall " DETOUR TO THE MOON "のCDを、年末に手に
入れた。

 数日前から、誰かに持って行かれたきりの、ということは40年以上前に
聴いたきりのレコード「ピエール・バルーとフランシス・レイの世界」を思い
出している。

 かつての日本版のレコード・タイトルは「ピエール・バルーとフランシス・
レイの世界」だが、これは今CDになっている「VIVRE~生きる」と同じもの
なのか。ちょうどヤフー・オークションにレコード盤が出ていたので、ジャケット
裏の曲名をCDと較べてみる。少し訳語がちがうが同じ音源だ。

 昔聴いて、頭の中ではいまでも聴こえる「ムシュー・ド・フュールスタンベール」
(レコードでのタイトル)と、「フュールステンベルグさん」(CDでのタイトル)
がどうちがって、どれだけ同じ印象だろう?
 映画でも本でも時を隔てて接すると、イメージがちがう場合が多い。音や香り
だと、大きくは、ずれないけれど、差異は前者より明確に感じる。より身体的記憶
だからかしら。





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-01-18 16:53 | アート | Comments(0)


<< 岩本素白「素湯(さゆ)のような...      かたちにすること・言葉にすること >>