猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 20日

岩本素白「素湯(さゆ)のような話」とサックス・ローマー「骨董屋探偵の事件簿」まだ併読中

e0030187_15525715.jpg












~1月19日より続く

 サックス・ローマー「骨董屋探偵の事件簿」の原題は " The Dream
Detective "。オカルティックな探偵で、本業は骨董屋の老人である。
犯罪現場に一夜寝て見る夢の中で、事件の様子を再現映像的に感受し、
謎を解決する。大抵、古いオブジェ絡みの事件で、その点でも骨董屋で
あることが有利に働く。

 夢見探偵、モリス・クロウの理論は、
<犯罪は周期的に起きるということ、あらゆる貴重な遺物にはそれをめぐる
 犯罪の歴史があるということ、人の思念は不滅であるということ>(p103)
と要約される。理論を裏づける細緻な補足事項は存在しない。
 また、しがない老骨董商としか見えない名探偵だが、口を開くと、
< その場にいた全員が、警察官も含めて、不思議なほど強く彼に惹きつけ
 られた。>(p20)と記されるのみで、これ以上の説明はない。

 貴族趣味、というよりプチブルの上昇志向に思えるが、モリス・クロウは、
<事件が彼の趣味や嗜好に合わない場合>捜査協力を断る。
< 「どこぞの不運な洗濯女の脳天を肉切り包丁でかち割った犯人を
 暴くのに、霊力に対するわたしの鋭い感受性がなんの役に立つという
 のでしょう」>(p102)と、自負する。

 殺人現場に顔を出すと、いつも、
< 彼は山高帽の内側から円筒形の小さなスプレー瓶を取りだした。
 生え際が後退した広い額にそれを一吹きすると、バーベナの芳香が
 部屋に満ちた。それから瓶を元に戻し、帽子を髪の薄い頭に戻した。 
  「ここは死人の臭いがしますのでね!」>(p19)

 古風な名探偵ものである。

     (サックス・ローマー/近藤麻里子 訳「骨董屋探偵の事件簿」
     創元推理文庫 2013初 J)

1月21日に続く~

 岩本素白「素湯(さゆ)のような話」も気持よくよんでいるが、サブタイトル
『お菓子に散歩に骨董屋』は、わたしのような老読者にはありがたくない。
なんというか、雑誌でいえば「ku:nel クウネル」とか「relax」とかを思い出さ
せて、若い人々は疲れ過ぎていて、ほんとに癒しやゆとりやくつろぎや「まったり」
した感覚を欲しているのかもしれないが、垂直性に共感する老人には、やすらぎの
強制に感じられて辛いものがある。

     (岩本素白「素湯(さゆ)のような話 お菓子に散歩に骨董屋」
     ちくま文庫 2014初 J) 





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-01-20 17:59 | 読書ノート | Comments(0)


<< サックス・ローマー「骨董屋探偵...      岩本素白「素湯(さゆ)のような... >>