2015年 01月 27日

冬ごもり

e0030187_1637549.jpg












 明後日29日(木)で、わたしは治療終了後13週目を迎える。
終了後3ヶ月も過ぎ、元気に動けてるのはいいが、右肩の痛み
がなかなか引かない。

 同じ日に S はギックリ腰発症3週目を迎える。今日みたいに
暖かい日はかなり楽だが、明日からまた寒くなる。辛い。
 接骨院に通うのが毎日の仕事になった。行った直後は軽くなっても、
夜寝るころには痛む。それを繰り返しながら、かすかに少しずつ治って
行くのだろうが、ギックリ腰完治には最低3週間、長いと3ヶ月かかる
そうで、この調子では長期コースになるのではないか。

 冬の陽射しは透明でうつくしい。それなのに、写真を撮りに出るどころか、
外を歩くのが大変である。まず寒さがいけないし、たんに道を歩くだけの
ことでも、アスファルト鋪装のちょっとした凹凸が覿面、腰に響く。バスの
ステップは乗り降りの際、お腹に力を入れないときつかったのが、今は前より
は楽になった。カメラを肩に下げる? できない。写真を撮るためにカメラを
支える? 腰が拒否する...。

 注意しながらそうっと起きて顔を洗い、整骨院に行く以外は、部屋で本を
読むかmacを見るしかない冬ごもり生活だ。

 写真はまさかこんな事態が発生するとは夢にも思わない昨年末の、凍える
山中湖畔風景。プティカの室内から出て寒風に身をさらしながら写真が撮れた
日もあったのだ。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-01-27 20:50 | 雑録 | Comments(0)


<< Mer-de-cure の後で...      佐藤春夫「小説永井荷風伝 他三... >>